スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月28日

どうも、3回連続で西森です。

みなさん、いい加減あきてきましたよね・・・。スミマセン。

今日はテスト期間ということもあり、6時から小体でバスケをやりました。

11人集まったので、2チームが4人、1チームが3人で助っ人を呼ぶという感じでやりました。

試合の方はかなり白熱しました。

拓人部長や前副部長の卓哉さんは、ドリブルでしかけたり、みずからシュートを決めたりと、MVP級の活躍でした。他にもジャンプボールにすべてを捧げるバードマンや、ものすごいこけかたをして注目を集めた(がち)人など、みな大活躍でした。
とにかくみなひたむきにボールを追い、一生懸命でした。疲れても走り続ける姿は感動ものです。
足がつっても、眼鏡がとれても、組み分けたすきが絡まっても、みな、がちでした。

私はそんなみんなが大好きです。


いよいよ鳥海の編集が始まろうとしています。今年の鳥海は昨年のよりもかなりぐれーどあっぷします!!
ねっ、きむろさん?




スポンサーサイト

5月21日

ども西森です。

この日はオフトレ日。

自分は実習とプログラミングのレポートがやばすぎたので、6時過ぎから参加しました。

ここからは自分の感想です。

小体育館でサッカーをしてたので、ランパードで気合十分で乱入しました・・・。

相手チームにはサッカーでもエースの近江谷、抜群の運動量を誇る渡邊(がち)、フィジカルでは誰にも負けない岩田前部長、ムードメーカー卓哉さん、そして、エースストライカーの佳那ちゃんがいました。

自チームには前監査の杉山さん、高瀬、櫻井、1年次の裕一と優弥、自称ランパード。

なんか相手チーム強くない?

相手チームに結構ボール回されたり、近江谷にドリブル突破されたり、佳那ちゃんに何度もシュート撃たれたりしまして難しい状況でした・・・。

自チームはカウンター重視?で少ないチャンスを活かそうと必死でした。

結果は確か5-4くらいで負けました。かなり善戦したと思います。

自分は全くと言っていいくらい良いプレーができず、ボールキープとかも酷い状態でした・・・。

せめてもの救いは、裕一からのゴールキックをコントロールして、ゴール左隅に決めたシュートがあったことくらい。

外とは違い、寄せが速いので1タッチ目が重要ですね・・・。

今度はデコで行こうと思います。



5月19日

どうも、2年次の西森大貴です。

火曜日にオフトレをやりました。

最近ランニングコースが同じなので、思い切って変えてみました。

踏切を渡り、駅前に出て、千秋公園のほうを走りました。

ランニングが終わったら、いつもどおりウエイトトレーニング。

自分の筋力のなさを痛感しました(特に上半身)。

かなり参加者が少ないのが気になります・・・。

みんなテストとかで忙しくなり始めたのかな?

明日はみんな来てくれるといいなぁ~。


部員紹介

ども岩田です

カテゴリに部員紹介を設けました。

部員の写真(予定)と自己紹介あたり載せます。

ほかにも個人的に載せたいものがあったらどうぞご自由に

Chelsea Football Club

ども、はじめまして。2年次の電気電子工学科、会計やってます、西森大貴です。

Chelsea F.Cは昨シーズンのJose Mourinhoの解任から監督が代わりまくってます。
Avraham Grantが昨シーズン途中から指揮をとり、リーグ2位、カーリング杯2位、Champions
League2位の成績を収めるも、シーズン終了後解任。
そして今シーズン、ブラジル代表をW杯優勝に導いた名将Luiz Felipe Scolariが監督に。
序盤は圧倒的な攻撃力で首位に躍り出るも、Manchester United 、Liverpool 、Arsenal の強豪から勝利を得られず、順位も4位に後退。そして、2009年2月9日、クラブから解任されました。
後任は02年W杯で韓国をベスト4に導いたGuus Hiddink。するとChelseaは息を吹き返し、Drogba、
Anelkaの共存にも成功。徐々に順位を上げていきました。しかし、すでに時遅く、Manchester Unitedに3連覇を許し、Champions LeagueでもBarcelonaに惜敗するなどファンにとっては残念な結果に。
それでも短期間にチームを上昇させたHiddinkの功績は色あせることはないでしょう。
ただ、Hiddinkも今シーズン終了後に退任することになっているためまたまた監督が代わることになります。Hiddinkを除く監督はすべて成績不振または、オーナーとの確執で解任されています。
短期間で結果を残すことは難しいことです。それはサッカー界に限った事ではありません。勉強でもスキーでも同じことが言えると思います。
なので皆さん、長期的に物事を考え、日々努力しましょう。
長々とすみませんでした・・・。

鳥海合宿を終えて

3年次の佐々木拓人です。

今年も鳥海合宿が事故もなく無事に終了しました。今年の鳥海山は雪量が多く、天候も概ね良かったので、登山およびスキー練習には最高のコンディションだったと思います。

鳥海遠景2


疲労困憊で息を上げながら登る現役を尻目にスイスイ登っていくOBの皆さん。
何度登っても圧倒される山頂からの雄大な風景。
3年目にして初めて行った新山(2回も行きました)。
急斜面で繰り広げられた雪玉バトルロワイヤル。
最終日の夕食で作ったきりたんぽの味。
ろうそくの灯かりで深夜まで続けられた宴会。

鳥海山頂記念


今年もたくさんの忘れられない思い出ができました。他の部員も一人一人何か感じ取ってくれたのではないかと思います。

強風といつまで歩いても近づかない山頂にただただ辛かった1年目。暑い日が続き1年生の引率等で余裕がなかった2年目。そして3年目の今年はようやく余裕ができて、景色や会話を楽しみながら登ることができました。

登るたびに新たな1面を見せてくれる鳥海山、合宿が終わるころにはまた鳥海山・スキー部が好きになって帰っていく…それが鳥海合宿の素晴らしさだと改めて実感しました。


別の記事で毎年部員やOBの方に書いてもらっている『鳥海日誌』の内容や、合宿中に撮影した写真などを紹介していきますのでお楽しみに。また、他の部員の鳥海合宿感想、写真の投稿も待ってます。

最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。